マーベロンの避妊効果の高さ

 

低用量ピルを正しく服用することによって、99.9%という非常に高い確立によって避妊を行うことができます。
この高い避妊率というのはどうして実現できるのでしょうか。

 

まず、妊娠する仕組みを考えてみましょう。
膣内で射精された精子というのは卵巣から排卵された卵子と子宮内において結びつくことによって受精卵となります。

 

子宮内で受精することで受精卵となって、子宮内膜に潜り込んで妊娠、という状態になります。
そして低用量ピルというのは妊娠中には排卵は一切起こらない、という仕組みを利用したものです。

 

マーベロンは排卵を止める、という作用もあります。
ピルを服用することによって女性ホルモンでもあるエストロゲンとプロゲストロンとが体内の血液の中に供給されていきます。

 

これによって脳の下垂体が体内のホルモンは十分に足りている、と認識します。
そして、ホルモンの分泌の必要がないと判断して卵巣の働きを著しく低下させます。
そして休眠状態になるのです。

 

つまり、マーベロンを使用することで妊娠中と同じ状態になり、避妊効果を得ることができるんですよ。
コンドームなどの避妊具だけを使用しているよりも同時に低用量ピルなどを使用する、というのがやはり理想的ですよ。