マーベロンと体重の増加

 

ピルを服用すると太ってしまう。
そのような話しを聞いたことのある方も多いと思います。

 

しかし、実はこの考え方というのは大きな間違いです。
どのタイプの低用量ピルを服用したとしても、服用することで体重が増加した、というような効果は未だにはっきりとはわかっていません。

 

しかし、それでもピルを服用している人の中には実際に太ってしまった、という人もいるのです。
低用量ピルの服用と、太ることの関係性というのは一体どこにあるのでしょうか。

 

生理の前になると、どうしても体調が悪くなってしまいイライラしてしまったり、食事が取れなくなることもあります。
しかし、ピルの服用によってイライラして食事をとることができなくなることもあります。

 

また、低用量ピルの中には気分を前向きにしてくれる作用もあります。
そのため、食欲が出たり、普段よりも多めに前向きに明るくしてくれる、という作用があるのです。
これが結果的にマーベロンのような低用量ピルの服用による体重増加に繋がることもあるのです。

 

また、マーベロンの服用によって副作用を起こすこともあります。
それぞれ個人差のあるむくみなのですが、低用量ピルを飲み始めた直後には身体がピルに慣れていないためにむくんでしまいます。

 

そのため、体重が増加したと勘違いしてしまう方も多いようです。