マーベロン28に副作用がある?

 

低容量ピルの重大な副作用としては、血管の中で血液が固まってしまって血液が流れなくなる血栓症などの可能性があります。

 

他のホルモン併用型の避妊ピルよりも、マーベロン28は血栓症になる可能性が低いことが分かっていますが、その可能性が全く無いわけではありません。

 

このような副作用が見られた場合は服用を中止して、医師に相談してください。

 

一般的な副作用としては頭痛、吐き気、不正出血、乳房の張り、体重の増加などがあります。

 

低用量ピルであるマーベロン28は基本的に副作用が軽度であり、服用を継続していくにつれて低減されていきますが、症状が重い場合は医師に相談した方が良いでしょう。

 

マーベロンと低用量ピルについて

 

低用量ピルというのはどのような副作用があるのでしょうか。
子宮内膜症の第1選択薬ともいえる低用量ピル療法ですが、低用量ピルというのは避妊用ピルとしてもともとは作られました。

 

しかし、この低用量ピルは避妊以外にも効果があることがわかりました。
低用量ピルが子宮内膜症における治療薬として使用できることがわかったのです。

 

低用量ピルは、非常に少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されている薬剤です。
ごく少量の女性ホルモンが、脳下垂体に作用することによって性腺刺激ホルモンの分泌を抑えることができ、結果的に排卵を抑えることができるのです。

 

子宮内膜症の治療における偽閉経療法というのは投与制限があるのですが、低用量ピル療法は投与制限は一切ありません。
低用量ピルによって妊娠している時と同じ状態にできますので、偽妊娠療法と呼ばれることもあります。

 

低用量ピルとはいっても、副作用はやはりあります。
飲み始めには不正出血が起こりやすいですし、吐き気や頭痛、乳房の張りなどを感じることもあります。

 

このように、マーベロンを使用して避妊を行うのでれば、ある程度は副作用の覚悟をしておくようにしなければなりませんよ。
そのことを是非覚えておいてくださいね。