マーベロンには合う・合わないがある

 

避妊効果だけでなく、生理前に起こる肌荒れや情緒不安など、生理前症候群と呼ばれる症状の緩和のために婦人科などで処方される低用量ピルの代表的な物の1つがマーベロンです。低用量ピルなので、中用量ピルと比べると副作用が出難いですが、マーベロンを服用しはじめてすぐの頃には、吐き気や胸の張りなどの副作用も出てしまう場合があります。服用開始から2ヶ月程度で副作用が治まる場合もありますが、強く副作用が出るあまりに日常生活に支障が出てしまう場合には、マーベロンが合わない可能性があります。我慢ができない程の強い副作用が出てしまった時には、処方された医療機関に相談する必要があります。勝手に服用を中止してしまうと、不正出血などの新たな不快な症状が出てしまう場合があるからです。低用量ピルの服用を続けたい場合には、他のマーベロン以外の低用量ピルを試す事も可能です。合わない低用量ピルを服用し続ける事により、ストレスを感じたり、体調を悪化させるのならば、治療の意味が無くなってしまいます。副作用が強く出てしまった場合には、受診した医療機関に相談して、服用を継続して様子を見るか、他の低用量ピルを試してみるかを考えなければなりません。