マーベロンの1シートの構成について

 

低用量ピルのマーベロンには、1シートが21錠で構成されているものと、28錠で構成されているものの2種類があります。
もし、21錠で構成されているマーベロンを手に入れたのであれば、1日1回1錠ずつ服用して、21日目の服用が終了した後に7日間の休薬期間に入ります。そして、休薬期間の終了日がきたとき、引き続き避妊をしたいのであれば、翌日から新しいものを取り出して服用を始めます。
これに対して、28錠で構成されているマーベロンを手に入れた場合は、1日1錠ずつ服用するのは21錠入りのものと一緒ですが、こちらの場合は1シート分の錠剤をすべて飲み切る必要があります。追加されている7錠は偽薬となっており、有効成分は含まれておらず、飲み忘れたからといって身体に悪影響が出ることはありません。なぜ偽薬が用意されているのかというと、それはピルの飲み忘れが不安な人に対する配慮で、休薬期間の分の錠剤を追加することで、飲み忘れを意識すること無く避妊を続けることができます。
また、マーベロンではどちらのタイプにもシートに数字が記載されており、「1」と書かれているところから数字の順番に服用していくことで、正しく飲み終えることができる仕組みになっています。ピルは正しい方法で服用しなければ十分な避妊効果が得られないため、製薬メーカー側も使用者に正しく服用してもらえるように工夫をしています。