マーベロン28の飲み方

 

マーベロン28の飲み方については、月経が始まった日から白色の大きな錠剤を毎日1回、1錠ずつ同じ時刻に服用していきます。

 

これを21日間にわたって、続けていきます。

 

21日が経過した後は、今度は小さい錠剤をまた同じように毎日1回、1錠ずつを7日にわたって服用します。

 

これで、合わせて28日にわたって服用するということになります。

 

その次の日からは、月経が始まっているかどうかは関係なく、はじめのサイクルと同じように白色の大きな錠剤の服用を開始します。

 

まったく同じように続けて、避妊したい期間のうちは服用を繰り返していくことになります。

 

1回のサイクルが28日間であるということから、『マーべロン28』と呼ばれているところもあります。

 

マーベロン28を飲み忘れたとき

 

マーベロン28をもしも飲み忘れたというときには、対処する方法があります。

 

21日間飲み続けなければならない白色の大きな錠剤を1日だけ飲み忘れたという場合については、気がついたときにすぐに1錠を服用し、その日の分もいつもの通りに服用するようにします。

 

これが2日以上続けて白色の大きな錠剤を飲み忘れたというときには、その時点で服用することをやめて、次の月経を待って服用し直すようにします。その場合には妊娠の可能性が高くなりますから、ほかの避妊方法を選択するようにします。

 

複数日にわたって飲み忘れたからといって、多く飲み過ぎないように注意しなければなりません。

 

マーベロン28を飲み忘れたときは落ち着いて対処することによって、副作用が起こるリスクを減らしたり、効果の持続を期待したりすることもできます。